白鷺神社からのお知らせ

2018年12月20日

安産祈願のご案内

安産祈願とは

安産祈願とは、神様より授かった新たな命が、安らかに産まれますよう、また母子共に健康でありますよう、神様にお祈りするものです。

偉大な霊力により日本を平和に導いた「日本武尊」をお祀りする白鷺神社にて、安産祈願をお受け下さい。

栃木県内外より多くの方のご参拝・ご祈祷を頂いております。

 

着帯の祝(帯祝い)とは

着帯の祝い(帯祝い)とは、妊娠5ヶ月目の戌の日に、胎児の健全発育を願い安産祈願をし、妊婦が腹帯を締めるお祝いです。犬は安産するところから、これにあやかり戌の日に安産祈願をするようになったといわれています。

平成31年 戌の日(1月から6月)

 1月 1日(火曜)・13日(日曜)・25日(金曜)
 2月 6日(水曜)・18日(月曜)
 3月 2日(土曜)・14日(木曜)・26日(火曜)
 4月 7日(日曜)・19日(金曜)
 5月 1日(水曜)・13日(月曜)・25日(土曜)
 6月 6日(木曜)・18日(火曜)・30日(日曜)

安産祈願を受けるには

基本的に予約の必要はございません。毎日行っておりますので、ご都合の良い日(戌の日でなくともよい)にご来社下さい。
午前9時より午後4時まで、受付次第随時ご祈祷致しております。
※お正月期間や、神社の祭典日は除く

尚、ご祈祷を受ける方は市販の腹帯、また普段身に着けるサポータータイプの物をご持参ください。ご神前にてお祓いをした後にお返し致します。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)


白鷺神社main-bg-f