白鷺神社からのお知らせ

2009年10月05日

七五三参りのご案内

七五三とは

古くは、3歳の男女児の髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、5歳の男児の袴を付け始める「袴着(はかまぎ)」、7歳の女児のつけ紐の着物から帯を巻く着物に替える「帯解(おびとき)」の祝いを指しました。

現在では、その歳に当たる子供に晴れ着を着せて11月15日に神社に参拝し子供の成長と健康に感謝し、今後の無事を祈願する儀礼となりました。

ご祈祷について

白鷺神社では、毎年10月の上旬頃から11月の下旬頃まで、七五三の祈願祭を受け付けております。人生の大切な節目である七五三参りを行い、お子様の健やかな成長を神様にご祈念下さい。

尚、期間中は朝9時頃から夕方4時頃まで随時ご祈祷を行なっております。

画像(320x214)・拡大画像(448x300)


白鷺神社main-bg-f